ルイヴィトン サンダルのサイズ選び完全ガイド

ルイヴィトン スーパーコピーサンダルサイズ選び完全ガイド

1. お客様の足のサイズを測定する

a. 長さを測定する: 足を壁にしっかりとつけて立ち、かかとからつま先までを定規または巻尺で測定します。
b. 幅を測定する: 足の最も広い部分を、母指球の関節から小指球の関節まで測定します。

2. ルイヴィトンサンダルのサイズチャートを確認する

お手元の足の測定値をルイヴィトンのサイズチャートと比較してください。以下のチャートは、一般的なガイドラインです。

| 足の長さ (cm) | 幅 (cm) | ルイヴィトンのサイズ |
|—|—|—|
| 22.5 | 8.5 | 35 |
| 23.0 | 8.8 | 36 |
| 23.5 | 9.0 | 36.5 |
| 24.0 | 9.3 | 37 |
| 24.5 | 9.5 | 37.5 |
| 25.0 | 9.8 | 38 |
| 25.5 | 10.0 | 38.5 |
| 26.0 | 10.3 | 39 |

3. 足の形状を考慮する

足の形は人それぞれ異なります。幅広の足、甲高の足、外反母趾のある足など、足の形によっては、チャート上のサイズより1サイズ大きいまたは小さいサイズが必要になる場合があります。

4. つま先のスペース

サンダルを履いたときに、つま先が少し余裕があることを確認してください。つま先が窮屈だと不快感や痛みを引き起こす可能性があります。

5. ソールの厚さ

サンダルのソールは、全体のフィット感に影響を与える可能性があります。厚いソールは、薄手のソールよりもより余裕のあるサイズが必要になります。

6. 着用感

可能であれば、試着をして実際の着用感を確認してください。サンダルは快適にフィットし、歩行時にも足に負担がかかっていないか確認しましょう。

7. 以下のヒント

足は1日の終わりに向かってわずかにむくみます。そのため、午後または夕方頃に足を測定することをお勧めします。
幅広の足または外反母趾のある足がある場合は、幅広のスタイルを選択してください。
甲高の足がある場合は、調節可能なストラップのあるスタイルを選択してください。
ソールが厚いサンダルは、薄手のソールよりもサイズを大きくする必要があります。
着用感を確認するために、試着をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です